最終更新情報

 

     

  • 2018.04.16.

    【4/24(火)WOCA主催 有機JAS講習会(農産)の会場を変更しました】

     受講人数が大幅に増えましたので、会場を403号会議室から、102会議室に変更しました。

    ※詳細はコチラからどうぞ→有機JAS講習会のご案内

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  •  

  • 2018.02.27.

    【 御 礼 】

     2/25 WOCA総会記念企画『いのちの種(たね)を未來につなぐ』は、おかげさまで大勢の方がお集まりくださり、それぞれ、さまざまな垣根を取り払って連帯していこうと確認し合って、無事終了しました。ありがとうございました。
     
     山田正彦氏の講演録画が期間限定(3/11迄)で全編観られます。
     非常に重要なことが述べられています。この機会にぜひご覧ください。
    ~いのちの種(たね)を未來につなぐ~
    講演会「わたしのごはんがどうなるの?4月からの種子法廃止で」
    講 師 山田正彦氏(元農水大臣・弁護士) 2018.2.25

     

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  •  

  • 2018.02.22.

    【有機JAS講習会】本協会が主催する講習会の日程が決まりました。

    ※詳細はコチラからどうぞ→有機JAS講習会のご案内

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  •  

  • 2018.2.5.

    【訃報】

    悲しいお知らせです。

    和歌山の食とエネルギーの自給を目指し、多くの人たちに学びや氣づきを与えてこられた、当協会前事務局長理事の 重栖 隆(おもす たかし)さんが、2018年2月2日午前8時33分、ご病氣により永眠されました。享年65歳でした。

    お別れの会が執り行われますので、ご冥福をお祈りし、謹んでお知らせ申し上げます。

    【お別れの会】

     2018年2月5日(月)13時より14時

    【 式 場 】

     『ファミリオさいか』
     
     和歌山市和歌浦西1-1-19 
     電話:073-444-1768
     アクセス

    【 喪 主 】

     重栖 満紀子 様(妻)

    故人並びにご遺族の意志により、御香典の儀は固くご辞退申し上げます。

    よろしくお願い申し上げます。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    ご家族のお話しでは、亡くなられる10数分前まで、談笑されていたとお聞きしましたが、私たちにとっては、突然のお別れとなりました。
    1月30日、重栖さんが最期のブログをUPされています。
    ぜひお読みください。

    【2018.01.30 そのすべてにありがとう】

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    改めて…重栖さん、今までほんとうにありがとうございました。
    どうぞ、ゆっくりお休み…いいえ…そちらで野山を大空を思う存分翔けてください。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  •     

  • 2018.1.19.
    【WOCA第19回通常総会 開催のお知らせ】

     日程:2月25日(日)13:00-14:00
     会場:和歌山市男女共生推進センター 6F ホール(あいあいセンター)
    地図
       ※Open形式ですので、どなたでもご入場いただけます。

    【総会開催記念企画】 ※総会後、同会場にて開催します。

     ~いのちの種(たね)を未來につなぐ~

     『種(たね)・・・それは先人たちが受け継いできた
      わたしたちへのギフトであり いのちそのものです』

    上映会:スローシネマ「アジアの叡智」シリーズ Vol.4
     「ヴァンダナ・シヴァ の いのちの種を抱きしめて with 辻信一」
         14:15-15:15(視聴料 500円)※要事前申込み
         スローシネマ上映会情報
               
    講演会:「わたしのごはんがどうなるの?4月からの種子法廃止で」
     講師 山田正彦 氏(元農水大臣・弁護士)
         15:30-17:00(入場無料)※要事前申込み
         (15:35-16:35 講演 , 16:35-17:00 質疑)

    ●主催
    NPO法人 和歌山有機認証協会(WOCA)

    ●協力
    NPO法人 わかやま環境ネットワーク(WeNET)
    サスティナブル・ライフスタイル研究会 of わかやま(SLOW)

    ●賛同団体
    紀ノ川農業協同組合
    生活協同組合 コープ自然派和歌山
    和歌山県農民連

    ◎申込み・問合せ先
    和歌山有機認証協会
    TEL/073-499-4736
    FAX/073-499-4735
    mail/woca@vaw.ne.jp ※@マークを半角に変えてください

    ※1/22:申込み受付開始しました
     上映会、講演会ともに、事前に『主催者まで直接』参加の申込みをお願いします。
     『お名前』、『連絡先(電話番号+有ればメールアドレス)』、『参加(講演会 or 上映会 or 両方)』を、また、代表で申込みをされる方は参加者のお名前と人数をお知らせください。
     いずれも定員(150名)に達し次第締切ります。
     お早目にお申込みください。
     Facebookイベントページ

     

    いのちの種を未來につなぐ_チラシ_オモテ.pdf
    いのちの種を未來につなぐ_チラシ_ウラ.pdf

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  •                 

  • 2017.12.25.◎◎◎冬季休暇のお知らせ◎◎◎
    当協会冬季休暇は、以下の通りです。
    12月28日(木)午後~1月4日(木)迄
    1月5日(金)より通常業務となります。
    よろしくお願い申し上げます。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  • 2017.12.08. 認定事業者一覧を更新しました。
           特別栽培農産物生産者情報 を更新しました。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  • 2017.11.17. 特別栽培農産物生産者情報 を更新しました。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  • 2017.10.26. 認定事業者一覧を更新しました。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  • 2017.08.23. 認定事業者一覧を更新しました。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  • 2017.08.10.◎◎◎残暑お見舞い申し上げます◎◎◎
    当協会夏季休暇は、以下の通りです。
    8月11日~15日迄 ※8月16日より通常業務
    よろしくお願い申し上げます。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  • 2017.08.05.
    【重要:プレスリリース】
    朝日有機センターの生産した肥料について7月31日に、標記センターが肥料について、新潟県から以下のとおりプレスリリースが行われました。当該プレスリリースに記載された下記肥料については、化学的に合成された凝集促進材が使用されていたため、有機農産物の日本農林規格で使用することができない資材であることが判明した旨の情報がありました。
    当方(農水担当課)より当該事業者に確認したところ、当該情報は事実である旨の回答がありましたのでお知らせします。
    ~~~~~~~~~~~~~~
    ・朝日有機センター
    肥料の名称:あさひっこ
    肥料の種類:たい肥
    ~~~~~~~~~~~~~~
    当該肥料を使用された認定事業者さまは、速やかにWOCAまでご一報ください。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  • 2017.07.31.
    【重要:プレスリリース】
    南魚沼広域有機センター 及び 新発田市営有機資源センターが生産した肥料について7月24日及び27日に、標記センターが肥料について、新潟県から以下のとおりプレスリリースが行われました。http://www.pref.niigata.lg.jp/nosanengei/1356874343862.html
    http://www.pref.niigata.lg.jp/nosanengei/1356874652185.html当該プレスリリースに記載された下記肥料については、化学的に合成された凝集促進材が使用されていたため、有機農産物の日本農林規格で使用することができない資材であることが判明した旨の情報がありました。
    当方(農水)より当該事業者に確認したところ、当該情報は事実である旨の回答がありましたのでお知らせします。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ・南魚沼広域有機センター
    肥料の名称:うしのたいひ
    肥料の種類:たい肥

    ・米倉有機資源センター
    肥料の名称:新発田市 米倉1号
    肥料の種類:たい肥・板山有機資源センター
    肥料の名称:新発田市 板山1号
    肥料の種類:たい肥

    ・加治川有機資源センター
    肥料の名称:新発田市 加治川1号
    肥料の種類:たい肥

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~

    肥料の表示等については上記プレスリリース(URL)をご参照ください。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  • 2017.07.24.
    【重要:プレスリリース】
    魚沼市有機センターが生産した肥料について7/20、魚沼市有機センターが生産した肥料について、新潟県から以下のとおりプレスリリースが行われました。当該プレスリリースに記載された下記肥料については、化学的に合成された凝集促進材が使用されていたため、有機農産物の日本農林規格で使用することができない資材であることが判明した旨の情報がありました。下記資材を使用された認定事業者さまは、速やかにWOCAまでご一報ください。また、使用が無い場合でも、その旨ご連絡ください。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ・魚沼市有機センター
    肥料の名称:魚沼ロマン 有機堆肥
    肥料の種類:たい肥
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~
    包材についてはプレスリリースをご参照ください。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  • 2017.07.08.
    【重要:プレスリリース】
    北海道有機農材株式会社が販売した肥料について農林水産省消費・安全局より以下のとおりプレスリリースが行われました。『肥料取締法に違反した肥料の生産・販売(北海道有機農材株式会社)について』北海道有機農材株式会社が、平成28年4月に肥料取締法違反とされた、汚泥を原料とした肥料について、一部を廃棄せず再び堆肥として販売していたという内容です。問題となった肥料は昨年通知されたものと、内容物が同じものであり(ただし、一部名称・包材を変えて販売されたものがあります)、有機JAS規格において使用できないものですので、当該肥料を使用された認定事業者さまは、速やかにWOCAまでご一報ください。また、使用が無い場合でも、その旨ご連絡ください。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  • 2017.07.07.
    【重要】㈱エバーグリーンが生産した肥料について株式会社エバーグリーン(愛媛県大洲市八多喜町乙1111-10)が生産した下記肥料について、化学的に合成された凝集促進材が使用されていたため、有機農産物の日本農林規格で使用することができない資材であることが判明しました。下記肥料を使用された認定事業者さまは、速やかにWOCAまでご一報ください。また、使用が無い場合でも、その旨ご連絡ください。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ・㈱エバーグリーン
    肥料の名称:グリーンバーク堆肥
    肥料の種類:たい肥
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  • 2017.06.23.
    有機認定事業者一覧 を更新しました。
    特別栽培農産物生産者情報 を更新しました。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  • 2017.05.25.
    特別栽培農産物生産者情報 を更新しました。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  • 2017.04.26.
    有機農産物及び有機加工食品、有機飼料の日本農林規格が一部改正されました。
    規格のページをご参照ください → 規格・基準等

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  • 2017.04.21.
    【重要】ニイガタオーレス㈱ 及び ㈲やまがたスリートップ が生産した肥料について農林水産省食料産業局より、化学合成材が使用された資材について連絡がありました。以下は、有機の資材として使用できません。
    この資材を使用している(された)事業者さまは、速やかにWOCAまでご連絡ください。
    ————————————————————
    (4月21日付)今般、ニイガタオーレス株式会社(新潟県胎内市中村浜698番地42)、及び有限会社やまがたスリートップ(山形県南陽市鍋田1134番地)が生産した下記肥料について、化学的に合成された凝集促進材が使用されていたため、有機農産物の日本農林規格で使用することができない資材であることが判明した旨の情報がありました。
    これを受け、当方より当該事業者に確認したところ、当該情報は事実である旨の回答がありましたのでお知らせします。1.ニイガタオーレス株式会社肥料の名称:スーパー・ワールドエース肥料の種類:たい肥2.有限会社やまがたスリートップ肥料の名称:スーパーゼオグリーン肥料の種類:たい肥以上の対象肥料の包材については、これらの会社の肥料取締法違反に関するプレスリリースをご確認ください。http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/nouan/170421.html
    http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/nouan/170421_35.html

    ————————————————————
    ※また、先般お知らせしました件についても、
    以下に併せてご連絡します。
    平成13年以降流通していたとのことです。
    ————————————————————
    (4月14日付)ニイガタオーレス株式会社(新潟県胎内市中村浜698番地42)が生産した、下記肥料について、平成13年以降、化学的に合成された凝集促進材が使用されていたため、有機農産物の日本農林規格で使用することができない資材であることが判明した旨の情報がありました。
    これを受け、当方より当該事業者に確認したところ、当該情報は事実である旨の回答がありましたのでお知らせします。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ・ニイガタオーレス株式会社

    1.肥料の名称:ワールドエース
    肥料の種類:たい肥

    2.肥料の名称:グリーングロス
    肥料の種類:たい肥

    3.肥料の名称:バイオグリーン
    肥料の種類:たい肥

    4.肥料の名称:混合有機ワールドエース432
    肥料の種類:混合有機質肥料(登録番号:新潟県生第412号)

    なお、同社の肥料取締法違反については、4月14日22:00にプレスリリースが行われています。
    http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/nouan/170414.html

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  • 2017.02.23.
    【田中優さん講演会:満員御礼】講師の田中優さん、お集まりくださったみなさま、関心を寄せてくださったみなさま、ご協力くださったみなさま、心より御礼申し上げます。
    農は基本。農を通して考える未來。農を軸とした繋がりで、未來の環境をも変えられるということを、改めて知り、確信を得る機会となりました。
    今回の講演会を主催しました和歌山有機認証協会(WOCA)と、わかやま環境ネットワーク(WeNET)を、みなさまと和歌山の明るい未來を創造する同志として、仲間として、友として、これからもともに歩ませてください。
    改めまして、今後とも、よろしくお願い申し上げます。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  • 2017.02.15.
    【第18回通常総会開催のお知らせ】
    2月22日(水)午後6時15分~55分
    JAビル2F「和(なごみ)ホールAB」(JR和歌山駅前)
    ※どなたでもご入場いただけます。

    【総会記念講演開催】
     総会後、講演会を開催します。
     

講演案内チラシ_omote_PDF ・ 講演案内チラシ_ura_PDF

演  題

 ~健全な農地と地球環境を未來につなぐ~

 奇跡の黒い土「テラ・プレタ」をヒントに

講  師  田中 優 氏
(環境・経済・平和をキーワードに活動する実践的リーダー)
開催日時  2017年2月22日(水) 19:00~21:00
会  場  JR和歌山駅徒歩2分 県JAビル2F『和(なごみ)ホールAB』
参  加  費  無 料
申  込 【要】事前申し込み
申込先 ➾ 和歌山有機認証協会
FAX:073-499-4735 e-mail:woca@vaw.ne.jp
主  催 和歌山有機認証協会(WOCA)
わかやま環境ネットワーク
(WeNET:和歌山県地球温暖化防止活動推進センター)
協  力 サスティナブルライフスタイル研究会 of わかやま(SLOW)
NPO法人 市民の力わかやま ・ サ行研究所
 ~~~ 講 演 会 概 要 ~~~

  奇跡の黒い土「テラ・プレタ」が

   豊かな食に繋がる農地づくりと

    地球温暖化対策になるとしたら?

◎奇跡の黒い土「テラ・プレタ」
それは、遥か昔の人びとが作物を作っていた痕跡。近年、各分野において、古いモノから新しいコトが発見される事例が相次いでいますが、この「テラ・プレタ」もそのひとつ。
多くの農家さんの関心事である「理想の土づくり」と、現代を生きるわたしたち全員に関わる「地球温暖化」。「テラ・プレタ」には、この2つの課題解決になる大きなヒントがあるようです。

◎講師:田中優さんのプロフィール
1957年東京都生まれ。
地域での脱原発やリサイクルの運動を出発点に、環境、経済、平和などの、さまざまなNGO活動に関わる。2012年末に岡山に移住。2013年5月、自宅では電力会社との電線をカットし電力会社に頼らない太陽パネルと独立電源システムの生活、「オフグリッド生活」を始めた。現在「未来バンク事業組合」「天然住宅バンク」理事長、「日本国際ボランティアセンター」理事、「ap bank」監事、「一般社団法人 天然住宅」共同代表、「自エネ組」相談役を務める。横浜市立大学、恵泉女学園大学の 非常勤講師。公式HP→ 田中優の持続する志

◎持続可能な社会を目指したい方、どうぞお越しください
特に、農家さん、炭焼き職人さん、地主さん、山主さん、食・農・環境関連の行政さん、温暖化防止活動推進員さん。

◎事前質問を受け付けます ※2/21(火)〆切
お名前、ご連絡先を明記のうえ、下記までお送りください。
FAX:073-499-4735 e-mqil:woca★vaw.ne.jp
(★を@マークに変えてください)
※時間の都合上、当日すべて回答できない場合もあります。ご了承ください。

◎講演後の懇親会
要予約です。上記、事前質問の受け付けと同じ要領でお申込みください。
場所は、和歌山駅東口近く。(予算:3,000円~4,000円程度)
定員20名(〆切は、定員に達し次第)

◎駐車場について
会場に駐車場はありません。お車で来られる方は、周辺のコインパーキングをご利用ください。会場は、JR和歌山駅西口から徒歩2分です。できるだけ公共交通機関を利用してお越しください。

以上、 Facebookイベントページでもご覧頂けます。

みなさまどうぞご予定の程、またお誘い合わせのうえ、多数ご参集くださいますようお願い致します。

  • 2017.02.07.
    【有機JAS講習会】本協会が主催する講習会の日程が決まりました。
    ※詳細はコチラからどうぞ→有機JAS講習会のご案内
  • 2016.01.18.
    【お知らせ】
    第18回通常総会は、2月22日(水)午後6時15分より、JAビル2F「和(なごみ)ホールAB」(JR和歌山駅前)にて開催いたします。なお、午後7時より、同会場にて総会の記念講演を行います。講師に、田中優氏をお招きし、「健全な農地と地球環境を未來につなぐ」…そんなテーマでお話しを頂きます。このことを多くの方と共有したい所存です。みなさまどうぞご予定の程、またお誘い合わせのうえ、ご参集くださいますようお願い致します。
    ※講演会共催:わかやま環境ネットワーク
  • 2016.12.27.
    【当協会 冬期休暇】
    12月28日午後~1月3日迄 ※1月4日より通常業務
  • 2016.08.03.
    News WOCA~「認定の技術的基準」等の改正について~を発行しました。
  • 2016.06.01.
    「農林物資の規格化等に関する法律」の改正に伴い、「認定の技術的基準」、
    「有機農産物の検査方法」も改正されました。
    詳しくは、こちら(本サイト内)をご覧ください。
  • 2016.04.20.
    「有機JAS規格別表等資材の適合性判断基準及び手順書」が改定、
    「別表1への適合性評価済み資材リスト」が公表されました
    本サイト内 または こちら(農水省HP・PDF)でご覧頂けます)
  • 2016.03.04
    サイトをリニューアルしました
    これ以前の更新履歴はこちら

 

PAGETOP
Copyright © NPO和歌山有機認証協会(WOCA) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.